• HOME
  • クランベリー

クランベリー

クランベリー Cranberry

クランベリーは10~20cmほどまで伸びる、ヨーロッパや北欧などの寒冷地で育つ低木です。蔓性の植物で、可愛らしい鮮やかな赤い実をつけます。見た目とは違って酸味がとても強く生食には向かないので、加糖されジュースやソースなどに加工されることの多い植物です。



クランベリーの基本情報

学名Vaccinium macrocarpon、Vaccinium oxycoccos
英名Cranberry
和名オオミノツルコケモモ
科名ツツジ科
使用部位果実

含有成分

植物酸(キナ酸、クエン酸、リンゴ酸)、プロアントシアニジン、果糖、ビタミンC

作用

尿の酸性化、尿路への細菌の付着抑制

適応

膀胱炎、尿道炎、尿臭

特徴

クランベリーに含まれる主成分は、植物酸(キナ酸・クエン酸・リンゴ酸)、プロアントシアニジン、ビタミンCなど。キナ酸が尿のpHを酸性にし大腸菌などが減ること、感染菌が尿路に付着するのを抑制するなどの事から、古くからジュースにして泌尿器系の感染症に用いられてきました。メディカルハーブとしては粉末剤やカプセル剤が使用されます。
日本ではあまり馴染みがありませんが、アメリカなどでは飛行機でもクランベリージュースを用意してあったり、ビタミンCを含むことから美容にも良いと人気が高いですが、ジュースは加糖されているものが多いので加工品には注意も必要です。

注意事項・禁忌

禁忌:知られていない
副作用:知られていない
相互作用:クラスA(相互作用が予想されない)
安全性 : クラス1(適切な使用において安全)

クランベリーの使い方

クランベリーの使い方…

参考文献

日本メディカルハーブ協会『メディカルハーブ事典 』
『メディカルハーブの事典』林 真一郎 著
『メディカルハーブ安全性ブック第2版 』
Link
参考文献はこちら

注意点&免責事項

ここに掲載されている内容は、医療の代わりに使用されるべきものではありません。内容には最新の情報の記載を心がけてはおりますが、日々研究がなされ情報が更新されていっている分野で、全てを網羅できていない場合もございます。使用に不安のある方は(持病をお持ちの方、妊娠中の方、授乳中の方、アレルギーをお持ちの方、お子様に使用する場合など)必要に応じて医療従事者・専門家のアドバイスを仰ぐことをおすすめいたします。
事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご利用ください。